読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国道62号線

自動二輪車に関する記録など。

謎のボルト その2

セクシー突起物2

 

先日の無駄な分解で、ボルトが本来の取り付け方法とは違っていることが判明した。

部品としてウェルナットを使用することで解決できるはずだ。

 

 

しかし、どうみても取り付け位置に合うウェルナットがない。

純正部品をカタログから探して注文すれば済むような話なのだが、如何せん輸入車であって、メンテナンスマニュアルはイタリア語だし、パーツカタログももらっていない。打つ手なしと思い込んでいた。

 

そこでどうにかしようと、パーツカタログがネット上に転がっていないかとおもって聞いてみたら、案外すぐに見つかった。

 

http://www.xt660-club.hu/Media/Parts%20Catalogue%20XT660Z%202008.pdf

 

.hu はハンガリーらしい。ここ(http://www.xt660-club.hu/)、ハンガリーのxt660愛好者のサイトかなにかなんだろう。使えるとこだけ使わせてもらいますよ。イタリア語は知らないし、いわんやハンガリー語をや、である。(使ってみたかった)

 

パーツカタログは手に入っても、注文できないのでは意味がないなあと思っていたが、ダメ元でパーツ番号をヤマハのサイトで入力してみると、出てきちゃいました。こういう消耗部品は共通のものが多いのかしら。

 

今回の教訓は、

  • パーツカタログはググればある(かも)
  • パーツ番号はとりあえず入力してみろ

 

そういうわけで、すぐに注文した。

届いたら、すぐに直してあげる。