国道62号線

自動二輪車に関する記録など。

九州ツーリング day0 (4) 船旅の終わり

フェリーの夜をなんとなくやり過ごしていた。

 

夜中にデッキへ出ることは、大変危険なので本当は禁止なのだけれど、こっそりと出ていって、真っ黒で吸い込まれていきそうな夜の海を堪能し、まさに満天の星空というような360度のプラネタリウムでお腹いっぱいになっていた。

360度は言いすぎかな。270度くらい?

 

どうしても見たかったので出てしまいましたが風が強かったり波が高かったりすると大変危ないのでもうしません。

 

さて、立ち上がっていると揺れで気持ち悪いので寝たり起きたりしているとどうやら徳島に到着したようだ。時刻は14時くらい。

徳島で降りていく人はかなり多かったように思う。少なくとも、乗ってくる人よりは。

 

当時、徳島の方と親交があったので、徳島の港に入港する直前の写真を撮影して送信したら、すぐにレスポンスがあった。出港まで1時間なので会うことは出来ないが、港の写真を見てすぐに地元だと判別できるとはさすが地元民と思った。

(これでわかったんだからすごいよね。)

 

徳島から出港し、太平洋岸を船は進んだ。まだ行ったことがない四国の先端に沈んでいく夕日を眺めながら、四国一周ツーリングもいつかは実行しようと心に決めた。足摺岬と夕日を撮影しながら夜を迎え、また浅い眠りについた。

(室戸岬に沈んでいく夕日が見えました。)

 

なおこの日の夕飯はたぶんカレー・・・?

覚えてません。

 

眠れているのか揺られているだけなのかよくわからない気分を続けていると、船内アナウンスに新門司港への入港を告げられた。

 

続きます。