国道62号線

自動二輪車に関する記録など。

九州ツーリング day1 (2) 呼子いかまつり

お腹もそこそこ膨れたことだし、海沿いを進んで佐賀へ向かう。

呼子いかまつり」というイベントへ行って、イカを食ってやるのだ。

 

(なんだろうここは。記憶にない)

 

 

佐賀と福岡の県境に到着したようだ。道路の右端に止まっているが角度がわるかっただけであって、ここからパスポートが必要というわけではない。(失礼)

 

どっかのダムからの風景。なんと良い風景だ。

 

第一の目的地、呼子。ちょうどタイミングよく、イカ祭を催している最中だった。活きの良いヤリイカを、その場で捌いてくれ、新鮮なイカの刺身を食べることが出来た。北の生まれの僕は、ヤリイカについてはその近海で獲れたモノしか食べたことがなく、南の海で育ったイカを食べるのは初めての体験だったから、期待いっぱいだった。

(自分で獲ってくるものだと思ったら、おじさんが獲ってくれた。僕は実際イカをいけすから掬ってみたかったから、ちょっと残念な気持ちになった。)

 

ねんがんのイカ刺し。まだ生きていた。何もつけずに一口、醤油をつけて一口。わさびも足して一口食べた。基本的に獲れたてで新鮮なものはなんでも美味いと思うけれど、やっぱりヤリイカはおいしい。特別なイカです。モンゴウイカなんか食えたモノではない。(すみません)

(ちなみに、ヤリイカの漁獲量日本一の県は、青森県です。)

 

繰り返し言いますがヤリイカは美味しい。さて、次は南へ向かって、長崎の方へ行くぞ。道ばたに曼珠沙華がたくさん咲いていて、ああなんて秋の良い景色なんだろうなぁと思った。でも、実際のところ僕の小さな頃の記憶の中に彼岸花というのはなくて、これは後付けでどこかから学習した記憶なんだろう。だって、彼岸花の自生北限は秋田とか岩手の辺りのはずだから。目立たないだけで、あったんだろうか。

 

Wikipediaで調べたら北海道にも生えてるらしい。テヘッ

 

呼子いかまつりのリンクを貼りたかったけどリンク切れでした。ご興味のある方は9月に呼子台場みなとプラザへどうぞ。

 

続きます。(なかなか進みません。)